歩くと痛い膝の痛みは変形性膝関節症?

膝の痛みは歩いた時に起きることがよく見られますが、多くの場合、原因は変形性膝関節症を起こしていることによるものだと考えられています。

 

変形性膝関節症とは、体重の増加や怪我などで引き起こされることもあるのですが、膝の軟骨がすり減ったり筋力が低下するというような年齢が関係することが大きいと言われています。

 

特に50歳以上の女性に多く見られる変形性膝関節症は一度発症すると完治させることは困難だとされているので、日頃から予防や対処法を考えておく必要があります。

 

歩くだけでも膝に痛みが起きる原因は、膝に炎症が起きていることが挙げられますが、初期症状では痛みを感じずに違和感だけがあるということが多く見られます。

 

放置せずに早めに対処法を行って、症状が進行しないように注意しておかなければ重症化することもあり、日常生活に支障が出てしまうことも考えられます。

変形性膝関節症への対処法とは

具体的な変形性膝関節症の対処法とは、まず筋力をアップさせることが挙げられるため、簡単なストレッチからスタートし、無理のない範囲での水中ウォーキング、スクワットなどを行えるように運動量を増やしていきましょう。

 

筋肉をしっかりとつけて膝への負担を和らげることができれば、膝の痛みをともなう変形性膝関節症の対処をしっかりと行うことが可能です。

 

また、変形性膝関節症は軟骨がすり減ってしまうこととも関係が深い症状なので、軟骨によい栄養が含まれている食事をすることも対処法としてポイントとなってきます。

 

コレステロールの摂りすぎに注意しながら、コンドロイチンやグルコサミンなどを摂取するように心がけてみてください。

 

コンドロイチンは、納豆やヤマイモ、オクラなどのネバネバした食材に含まれている栄養で、グルコサミンはカニやエビなどの甲殻類に含まれています。

 

運動を取り入れ、食事を見直すことで膝の痛みへの対処を行い、スムーズに歩けるようにしましょう。