膝の痛みをともなうスポーツ障害とは

スポーツには足を酷使する競技があり、特に膝に繰り返し衝撃などの負担がかかることで引き起こされる痛みは膝のスポーツ障害と分類されることがあります。

 

膝にスポーツ障害が起きた場合、明らかに膝を使いすぎていて負担が膝に集中したことが原因だと考えられます。

 

負担を受けた箇所は一度組織が破壊されるものの、新しい組織ができて修復されるようになっているのが通常なのですが、スポーツ障害を起こすような頻度で運動をしている場合には、修復のスピードが間に合わなくなっていると言われています。

 

また、スポーツ障害を起こしやすくする原因として、十分に筋力がついていないことや、ウォーミングアップとクールダウンの不足などが挙げられます。

 

休息を十分に取っていないこと、フォームが安定していないことや成長期であることなども、スポーツ障害を引き起こす原因として考えられていることです。

 

これらの原因にひとつひとつ取り組むことで、膝の痛みを起こしてしまうスポーツ障害の予防と対策をしていきましょう。

膝の痛みの原因になるスポーツでの怪我について

膝の痛みはスポーツ中に起きる怪我が原因になることもあり、場合によっては運動をしなくなってからも膝に痛みを感じることが多くなるケースが見られます。

 

スポーツをしている人は怪我には十分に注意しなければなりませんが、膝には具体的にはどのような怪我が起こりやすいのでしょうか?

 

まず、靱帯に関係する炎症や損傷といった怪我が考えられますが、これは突発的な怪我のほかに、スポーツ障害としても起きることがあるものです。

 

スポーツをしていて急に起きる怪我としては、半月板損傷や靱帯損傷といったものがあり、どちらも膝に大きな負担がかかることで、半月板、靱帯のそれぞれが裂けたりしてしまうことが特徴となっています。

 

膝に関係する怪我はスポーツをしている人には多く見られるものなので、運動の前にはウォーミングアップを十分に行って予防をしましょう。