骨盤が産後の膝の痛みに与える影響とは

女性は産後に膝の痛みを感じることがあるのですが、原因のひとつとして考えられることには、骨盤が開いたことやゆがんだことがあります。

 

出産をする時には赤ちゃんが産道を通るために、骨盤は最大まで開いてゆがみやすくなるという特徴があります。

 

骨盤にゆがみが生じることは血行不良を起こす原因となってしまい、下半身への血流が悪い状態を引き起こし、膝の筋肉や靱帯を硬くしてしまいます。

 

膝の軟骨への栄養が届かなくなることもあることから、軟骨が損傷しやすくなり痛みが生じると考えられています。

 

また、妊娠中には運動不足になりがちなことも考えられ、産後にかけて膝の周辺の筋肉や靱帯が弱くなり、膝の痛みを引き起こすと言われているので、産後の膝の痛みの予防対策のためにも、無理のない範囲で膝をはじめ、足全体を動かすことが必要だと考えられます。

産後の膝の痛みはホルモンと関係がある

妊娠中には体重が増加することでも膝に負担がかかって痛みが起きることがあると言われているのですが、この時にはステロイドホルモンが分泌されていて、膝などの炎症が自然に抑えられていることがあり、あまり膝の痛みを感じないという特徴があります。

 

しかし、産後にはホルモンが正常に戻ることで、元々あった膝の痛みを強く感じることが起きてきます。

 

ホルモンバランスの乱れによる膝の痛みは、多くの女性が感じる症状だと言われているので、ホルモンが安定するまで様子を見てみることも必要です。

 

まれなケースとしては産後に膠原病という免疫異常が原因となる病気を引き起こすことでの膝の痛み、関節の痛みの発生が挙げられます。

 

膠原病は膝だけでなく、体の関節や筋肉に炎症が起こされることが特徴で、その1種として関節リウマチが知られています。

 

さらに、産後には全身性エリテマトーデスという病気が発症することもあると言われていて、これも膝の痛みの原因になると考えられています。