マラソンでの膝の痛みの症状と原因

マラソンランナーの中には膝の痛みを抱える人が多くいると言われ、特に初心者は膝の下の部分や外側が痛むことがあると言われています。

 

また、膝に水が溜まることで痛みが生じるケースもあるため、マラソンをする時には正しいフォームを身につけることをはじめ、筋力アップやストレッチなどの対策が必要とされます。

 

筋力不足でマラソンをしたり、走りすぎて足を酷使してしまうことなどが膝の痛みの主な原因とだと言われることは多くあります。

 

症状として現れやすいのは、膝の下に起きる炎症による痛み、腸脛靭帯炎による膝の外側の痛みなどが挙げられます。

 

そのほかにも年齢を重ねていて変形性膝関節症がある場合などにはマラソンをすることで強い痛みが生じることが見られます。

 

走ることでは、どうしても膝に衝撃が加わるため、特に過去に怪我をした人は膝の部分に小さな傷が生じて炎症を起こし、水が溜まって痛みを引き起こしてしまうがあります。

膝の痛みの対策をしてマラソンをしよう

膝の痛みが感じられた場合には無理をしてマラソンを続けずに、まずは膝のどの部分が痛むのか、腫れがないかなどをチェックしてください。

 

痛みはアイシングをすることで改善させることができるケースもあるので、アイスパックや保冷剤などで10分から15分程度冷やして様子を見てみましょう。

 

筋肉の張りが感じられる場合には、ストレッチを行ってみるという方法もあるので、無理のない範囲で試してみてください。

 

それでも状態が改善されないという場合には、医療機関で適切な治療を受けることをおすすめします。

 

マラソンをしていく上で膝の痛みを起こさないように対策する方法としては、何よりも筋力アップが効果的だと言われていて、特に太腿の筋力をアップさせると膝への負担を軽くしてマラソンをすることが可能だとされているので、日頃からしっかりとトレーニングすることが大切です。

 

また、マラソンを行う前には十分にストレッチを行い、怪我の予防をすることも重要と考えられます。