ジョギングで膝が痛くなる原因

膝の痛みはジョギングをしている人に起きることがあり、原因として考えられることには、一番に筋力不足が挙げられます。

 

ジョギング初心者はまだ十分に筋力がないまま走ることになるため、走ることで足に衝撃が加わってしまい、膝を痛めやすく膝の皿の辺りに痛みを感じることが多くあるのです。

 

初心者が陥りやすい膝の痛みとは別に、長距離をジョギングするようになった人の膝に起きるランナー膝と呼ばれる足を酷使することが原因の痛みもあるので注意しておきましょう。

膝の痛みを予防するためには

初心者がジョギングで膝に痛みを起こさないようにするためには、筋力をしっかりとつけることがもっとも大切だとされています。

 

走った時に加わる膝への衝撃を和らげるためには十分に筋肉をつけておくことが必要とされるため、スクワットなどをして下半身を鍛えることがおすすめです。

 

また、ジョギングを開始する前には準備運動としてストレッチを行い、筋肉を柔らかくしておくことで怪我を防ぐことが可能となります。

 

同様にクールダウンをすることも忘れないようにし、ジョギング後の筋肉疲労を蓄積させないように工夫しましょう。

ジョギングで膝が痛む時の対処方法とは

ジョギングをしていて膝が痛くなってしまった時には、無理に走らないことが一番なので、まずは痛みが取れるまで休むようにしてください。

 

サポーターやサポートタイツが販売されているので、膝に負担がかからないように着用してみることをおすすめします。

 

走っていて膝が痛くなった時の対処方法としてはアイシングが効果的だとされているため、アイスパックや保冷剤を使って15分程度冷やすようにしましょう。

 

また、血行をよくすることで疲労物質を除去できると言われていることから、マッサージをしてみることもおすすめの対処方法です。

 

痛みを感じている場合については、無理をして膝の痛みが慢性化しないようにすることが重要となるため、十分に休みながら必要に応じて医療機関を受診することも検討してください。